7月, 2020

中学生・高校生交流大会

 

 

交流大会

24日 笠松運動公園体育館にて 県内の中3と高校生のみの 交流大会という名の代替え大会が行われました

NOVAからは 中3の川又美咲、高場愛良、笠井つぐみ 高校生は越智 柚喜、西野玲名の5名が出場しました。

たくさんの試合がコロナで無くなり様々な思いが行き場無く過ごしていた今年度でしたが

今大会開催に心からの感謝と希望を胸に 踊れる喜びを噛みしめながら出場しました。

 

☆笠井つぐみ

たくさん練習時間は取れなかったけれど 中学の3年間の成長はとても大きかったと改めて感じられた本番でした。最初の頃は前を見て踊ることも不安そうでしたが 今では堂々とフロアに立ち 技も一つ一つ習得した努力が見えました!とても丁寧に繊細に慎重に。。が、つぐみちゃんらしかったです!諦めずに良くここまで頑張ったね。(^-^)/ これからも踊る楽しさをもっと味わってほしいです。

 

☆高場愛良

前日の練習ではポロポロとミスが目立ち 果たして本番には集中力のスイッチはONになるんだろうか、、、と心配したが(*_*) 本番は練習では見せない姿を見せてくれました。笑

167センチの長身を生かして伸びやかに踊れたと思います。まだまだ成長の伸びしろは隠されているのでこれからも頑張ってほしい。(^-^)/

 

☆川又美咲

春先の大会出場に向けて新しくした作品やレオタードは全て今大会が初のお披露目となった。

両脚の負傷もあり 難度の踏ん張りが足りない所はたくさんあったが 今できる精一杯でしたね。味のある演技にするには難度も技も完璧にする事。来年に向けてトレーニングを積んで

更なる成長に期待します。(^ ^)

 

☆越智 柚喜

とにかく納得いくまで練習したい柚ちゃん。気合いMAXで当日を迎えた。

クラブは大変冷静にほぼ内容をやり切った!自身初の11点台に喜びを隠せなかった。

続くリボンは前日も上手くやり切れない自分にヤキモキしてリボンが破損したりΣ(-᷅_-᷄๑)なかなか6メートルの長さを扱えず苦しんでいたが、、、本番は 身体に何度も絡まり さらに場外に投げるミスも出て 残念無念。引退する訳には行かないリボンになりました。笑 立ち直って頑張ろう!

 

 

☆西野玲名

クラブは昨年国体で踊った作品。そこから幾つか足したADに挑戦したが二箇所回避が残念だった。しかしやっと転がしは本番でやり切れました!(^ ^) リボンは その昔は大好きな種目だったが6メートルになってからは 四苦八苦。

思った所に投げる技術がいかに大切か。やり切れた箇所と不発した箇所はありましたがなんとか落下無しで終えたのは良かったですね。

今大会を最後に引退となったが100歩譲っても「努力型」とは言えない玲名ちゃんでしたが

昨年の地元開催での国体に執念のメンバー入りを果たし結果を残せた事は本当に人生最大の頑張りを見せた。

何事も「努力7割では結果も7割」 この教訓を今後の人生に生かしてほしい。新体操をやる事にたくさん苦労かけた母に感謝しましょう。お疲れ様でした。(*^^*)

 

コロナ禍での大会で 通常通りではない大会運びでしたが この大会が無かったら、、、と思うと開催して頂いた事に改めて感謝申し上げます。

出場した選手達には たくさんのドラマがありましたが やはり高校3年生には見ていてジーンときました。( ;  ; )

皆様、本当にお疲れ様でした。

 

大会関係者の皆様、保護者の皆様

ありがとうございました。

まだまだ コロナ感染には気をつけて日々お過ごし下さい。

hiki

FC80E7A8-0116-49D0-8373-AE1C7D4E8E4E

001BD4BC-0EA7-4A0E-810F-76907ED434DB

 

9D5F1DDE-53E1-4199-9F5E-4FE3EDBB3116

5A07534F-C15B-4009-8727-E9A3A2095344

6D70D27D-4FAD-43E6-BDC8-EA98303608A5

2E0A3CA6-9F04-4E6B-BCC9-1CF73820B305

 

 

カテゴリー
お気に入り